座右の銘

画像
北海道で小学4年生のとき、受持ちの女先生に教えられたことがある
それは、「自分がされて嫌なことを、他人にしない」ということだった
これは、私の六十数余年の人生を通しての「座右の銘」となった
人間は、人と人とのつながりの中で生きている
親兄弟、つれ合い、子供、先輩、同僚、床屋のおっさん、ラーメン屋の姉ちゃんといった具合にすべてその時々の人とのつながりの中にいる
人間関係を大事にして行くことこそが、人生なのだと思う
言い換えれば学問をするにも、働くにも、遊ぶにも・・・人生から人間関係を切り離す事はできないのである
そして相手の気持ちを常に慮っていなければ良い人間関係は出来ない
私は残された人生もこの言葉を大切にしていきたいと思う


お得情報・・・シャープ(SHARP)パーソナルモバイルツール Zaurus(ザウルス)≪SL-C3100≫




"座右の銘" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント